どうやってワインを選べばよいの!?
もはや信用できるのは自分の舌だけ!?

フランスでは、毎年秋になるとワイン・フェアが開かれる。ワインの値段が下がるこの機会に、普段はなかなか手が出ないワンランク上のワインを買おうと楽しみにしている愛好家は多い。ワインを選ぶ基準として一つの目安になっているのがAOC(原産地統制呼称)。AOCワインとして認められるためには、法律で定められた指定地域でつくられていることや、栽培法やブドウ品種など、各基準について細かな規定を満たしていることが必要とされている。

ところが、優良ワインと格付けされているAOCワインの地位が最近揺らいでいるらしい。消費者団体のUFC-Que choisirが行ったアンケートによると、ワイン生産者、卸売商、醸造学者などの専門家の約40パーセントが「AOCはもはや品質保証の役目を果たしていない」と回答。これは、生産量や収穫高の向上を目指すあまり、品質管理をおろそかにした結果なのだとか。また、回答者の約65パーセントが、産地の指定地域を広げすぎたために、AOCワインはもはや土壌の特性を反映していないという。

AOC認定を申請した生産者の98パーセントが試験をパスしていることも、この基準の曖昧さを示していると言える。これに対して、UFCでは、AOC指定に必要となる基準を定める仕様書を改編すること、さらに基準値を満たしていないワインを格下げするという荒治療まで提案している。

このニュースに頭を抱えているのはワインの生産者たちだけではない。AOCが信用できないとなると、消費者にとって頼りになるのはワインに対する確かな知識、ということになるが、実はフランス人の4分の3は、ワインの生産地、銘柄、ブトウ品種、価格などを何も理解していないという。フランス人がみんなワイン通だと思ったら大間違いで、ソムリエ気取りでワインに関してスノッブなコメントをする人などほとんどいない。大多数は、ラベルのデザインやフィーリング、そしてAOCの基準を頼りにワインを選んでいるのが現実なのである。ワイン大国、フランス国民の名にかけて、この秋はあれこれ試してワインのお勉強!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

英国52.7%、ドイツ44.3%、フランス 40.9%、日本33.1% ──。さてこの数字は何を指しているのだろうか。各国の内閣支持率?いえ、ずばり答えは離婚率なのであ る(「経済社会データランキング2000年」より)。欧州ではほぼ2組に1組が離婚するというこのご時世、機は熟したと言わんばかりにオーストリアで今月末、世界初の「離婚メッセ(見本市)」が開催されることになり話題を呼んでいる。

メッセといえば、IT、車、観光、アートに食と、分野は星の数ほどあるけれど、「離婚」をテーマにしたものは前代未聞だ。主催者であり、この妙案を思い付いたのは、なんとこれまで「結婚メッセ」を手掛けていたというアントン・バルツさん。オーストリアの離婚率は48.9%、首都ウィーンに限ればなんと65.9%に上るというから、とっても「おいしい市場」に目を付けたというわけだ。

「新たな人生を始めよう(Starte Neu)」と名付けられたこのメッセ。会場には弁護士や公証人、仲介人、そして精神科医までがずらりとブースを張り、離婚の際の複雑な手続きから心のケアまで、しっかり面倒を見てくれる。でもそれはあくまで第1ステージにすぎない。タイトルにもある通り、このメッセの売りは、忌まわしい過去を振り切り、輝ける未来に向けて第一歩を踏み出そうとしているバツイチさんたちのお手伝いをすること。第2の人生のパートナーとの新生活の準備を早くも着々と進めている人のために、不動産業者や車の販売ディーラー、旅行会社までが至れり尽くせりのサービスを提供してくれるというから驚きだ。

「でも、今この世で誰よりも会いたくないエックスに会場でバッタリ鉢合わせってなことになったら最悪……」なんて不安がよぎっている方、その心配はご無用。メッセは週末に行われるが、土曜は「男性デー」、日曜は「女性デー」とキッパリ分けられている。

ウィーンを皮切りに年内は計3カ所での開催が予定されており、参加はもちろんオース トリアだけでなく、どこの国からでも大歓迎。 未来のパートナー探しに利用してみるのも悪くないかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスの朝食が変わる
手軽に食べられる
栄養バランスのとれたシリアル

フランスの朝食といえば、大きめのカフェボウルに入ったカフェオレに、クロワッサンやフランスパンを半分に切ってバターやジャムをぬったタルティーヌを浸して食べるのが通例。しかし、そんなフランスの朝食風景が変わりつつある。

9月といえば新学期。親は子供の新しい教科書やノートの買い出しに連日てんやわんやだ。そんな中、もっとも頭を悩ませているのが朝の食事。以前までは、子供が朝、パン屋 にクロワッサンとフランスパンを買いに行き、その間に親がカフェオレかショコラを用意しておくのが朝の日常だった。

しかし、生活環境研究センター(Crédoc) によれば、ここ10年フランスの子供たちは英米式の朝食、シリアルなどを好んで食べるようになったという。13歳以下の子供でフランス式朝食を摂取しているのはわずか15%だ。「パリジャン」紙のインタビューで、6歳と11歳の子供2人のお母さんはシリアルの朝食に変えた理由をこう答えた。「最初はタルティーヌと牛乳を子供たちに与えていたのですが、必ずと言っていいほど子供たちは食べ残していました。しかし、子供たちの好きなアニメ・キャラクターのおもちゃが入った、ケロッグやアクティメルなどのシリアルに変えた 途端、ちゃんと食べるようになったのです」

もちろん、付録のおもちゃ目当てに子供がシリアルを朝食に選ぶというのも理由の一つだが、健康食品が注目される現在、栄養バランスのとれた食事を摂取できるという理由で、 親も子供たちにシリアルを与えている。

簡単お手軽なシリアルのおかげで、以前は忙しい朝のドタバタで結局何も準備できず、通学途中のパン屋で急いでクロワッサンを買い与えている親の姿もあったが、最近はそん な光景も見なくなった。

栄養学的に見ても、朝の食事は重要であるというのが最近の常識。フランス式の朝食がなくなってしまうのは残念だが、健康維持には変えられない。しかし、世界に食文化を誇る日本やフランスを抑え、英米の朝食が世界のスタンダードになりつつあるとは、何ともはや……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血して、高級フレンチを食べよう!
献血して良心もおなかも大満足
Fédération française pour le don
de sang bénébole

日本では駅前などでよく見かける移動献血車。実はフランスにも同じような移動献血車があり、広場などで献血が行われている。血液は人工的に作ることが困難なため、輸血用の血液は献血によってまかなわれているが、仏血液センターによれば、全国で毎月およそ8800人が献血に訪れているという。

だが夏のバカンスシーズン中は、献血者の数が約10%も減る。しかし患者に輸血を待ってもらうわけにもいかず、血液センターにとってこの時期は悩みのタネのようだ。そこで 病院側は、一つの名案を思いついた。

名案とは、パリの有名レストランのシェフとタイアップし、献血に訪れたドナーに本格フランス料理を振舞うというもの。白羽の矢が立ったシェフは「café de la paix」のロラン・ドゥラブル氏、「Hotel Crillon」のジャン=フランソワ・ピエージュ氏、「Hotel Ritz」のミッシェル・ロス氏という、自他共に認める腕利きシェフの3人だ。彼らは7月末の3日間、持ち回りで、なんと600食分を用意した。

料理は、軽食ながら「さすが星付きレストランのシェフ」とうなってしまうような内容。ちなみに最終日のメニューは、カジキマグロのスモークサーモン添え、カニと鶏肉のトリュフドレッシング和え、デザートにはチョコレートタルトとアイスクリーム、という豪華なものだった。そのかいあって、パリ・バスチーユ広場の献血場所には3日間で例年を33%も上回る505人が献血に訪れ、「フレンチ大作戦」は大成功に終わった。

戦後間もない頃は、献血者にはお金が支払われていたため、金銭目的で必要以上に献血に来る人が殺到したものだった。だが、ドナーの多くが健康上なんらかの問題を抱えていたことから、採取血液の質を維持するために金銭の支払いが廃止され、それ以後は献血をすると、オレンジジュースと簡単なサンドウィッチが配られるだけとなっている。

世論調査によれば、フランス人のおよそ50%は「献血をしてもいい」と考えているが、実際に献血に訪れるのは5%にも満たないらしい。本来善意で行う献血だが、何らかの見返りがあってやっと足を運ぶ人が増えるとは、なんとも現金なものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナメクジ退治にカモ貸します
注:じっくり見ないでください

ああ、今日も発見してしまった!あそこの葉っぱの下にチラっと見えるのは、アイツに違いない…。ガーデニングをこよなく愛する人たちの最大の「天敵」、そうナメクジです。「早く私の視界から消えておくれー」と、祈るしか術がなかった皆さん、敵から逃げる時代はもう終わったのです。

バルト海沿岸、グリュックスブルクにあるエネルギー体験パーク。そこで人工産物の研究をするヴェルナー・キウィットさんは、じめじめした天気が続いた影響で例年になく大量発生しているナメクジの退治に、同パークで飼育されているカモを貸し出すことを思いついた。えさの好みにはうるさくないといわれるあのハリネズミでさえ「苦すぎる…」とソッポを向くナメクジが、カモたちは実は大好物。「ヌメヌメしていて、すごく飲み込みやすい」そうだ…。

ドイツでここ数年、幅をきかせているナメクジといえば、オレンジと言うか、赤黒いカラーがトレードマークの「コウラクロ(甲羅黒)ナメクジ」。1970年代に植物を輸入した際、一緒にくっついてきた南欧生まれだ。国産ナメクジの倍以上という400もの卵を産むという、なんとも厄介な種だという。

「儲けにはならないけどねえ」と言いつつも、我ながらいいアイデアがひらめいたとばかりに顔をほころばせるキウィットさん。数日間、選りすぐりの食いしん坊カモ2羽を貸し出して料金も25ユーロと案外手ごろだ。ただ誰もが借りられるというわけではなく、庭が柵で囲まれていて、夜間用の小屋が提供できることが条件。さらには、シェパード犬を飼っていない家の方が望ましいとか。

問い合わせは全国から殺到しており、すでにベルリンやミュンヘンにカモたちは「派遣」されたという。雇い主たちからの評価も上々で、カモの思いがけない可愛さに「ペットにしたい」という声も出ているそうな。でも、「うちでもカモの力をお借りするか」なんて、これまでの長くつらかったナメクジとの対決に終止符を打とうと本気になってる人に、キウィットさんから一言だけ。「成果は保証できないよ。うちの子たちはナメクジも好きだけど、草花も大好きだし。なんてったって我がままだからね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリ15区、リノア通りのアーケード下に、ドゥニーズという65歳のホームレスの女性が住んでいる。彼女は、時折こぎれいにお化粧などして散歩していることから、住民からは「プリンセス」という愛称で呼ばれていた。しかしこのたび、その「プリンセス」の意外な事実が明らかになった。

「プリンセス」が15区の路上を住処にするようになって25年。特に交通の妨げになるわけでもなく、住民に迷惑をかけているわけでもないため、市も警察も立ち退きを強制せず、彼女は放置状態だった。

だがそんな「プリンセス」の身辺に変化が訪れた。15区に道路補修工事の計画が持ち上がり、区のホームレス担当職員が彼女の住処を移動することになったのだ。しかし職員がその際、彼女の持ち物整理を行ったところ、なんと小銭や少額紙幣など合わせておよそ4万ユーロが見つかったそうだ。いかに路上生活者が、家賃も税金も納める必要のないその日暮らしをしているとしても、単純計算で彼女は、15区に住み始めて以降、毎年およそ1600ユーロも貯金していたことになる。また今回の「家宅捜索」によって、「プリンセス」はブルターニュ地方出身であることもわかり、関係者は、この「タンス貯金」は彼女がいつか故郷に帰るために貯めていたものだったのではないかと考えている。

現在「プリンセス」はナンテールにあるホームレス専用施設を仮住まいとしているが、パリ市は彼女への今後の対応に頭を悩ませている。なぜなら、今回の騒動で彼女のことが新聞やテレビで大きく報道されたため、万が一、彼女が路上生活者に戻った場合、巨額の貯金を狙った暴漢に襲われる可能性が高くなったからだ。

長年ホームレスとして生活してきた人の多くは社会復帰が難しく、区などがお膳立てをしても、数カ月もたたないうちに路上生活に逆戻りするのが通例とか。現在、区職員はブルターニュにいる彼女の親族に連絡を取り、今後の対応を相談しているという。果たして 「プリンセス」は、これからどんな人生を歩んでいくのだろう。パリのホームレスはひと味違う!
パリ、サンマルタン運河に住む
ホームレスたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコットランドのネス湖には「ネッシー」、鹿児島の池田湖には「イッシー」、ロシアのヴォルコフ川には「リバーサーペント」と、世界中の淡水地には必ずと言っていいほど巨大な未確認生物(UMA)の存在のウワサがある。「ということは、セー ヌ川にも…」と思っていたら、やっぱりいました。

7月4日付けの地方紙「パリジャン」によれば、セーヌ川左岸のアンヴァリッド(旧軍病院)と右岸のグラン・パレ美術館を結ぶ、パリ一豪華な橋「アレキサンダー3世橋」の高架下で釣りをしていたロベール・カミュさん親子が、なんと1メートル85センチの巨大ナマズを釣り上げたのだ。その日の彼らの「収穫」は結局、1メートル45センチと1メートル50センチの2匹を加えた、計3匹のナマズだったという。

カミュさんはパリ8区にある建物の管理人をしており、日曜日の早朝に息子のビクトール君と一緒に近所のアレキサンダー3世橋を訪れた。カミュさんによれば、5時頃に巨大ナマズはヒットし、釣り上げた後、持参していたメジャーと体重計で測量し、放流したのだそう。その後も、立て続けに2匹のナマズを釣り上げたカミュさん、「パリのど真ん中を流れるセーヌ川に、こんなバケモノが生息してるなんて夢にも思わなかった」とご満悦の様子だ。

日本なら、田舎の沼などには大抵「ヌシ」と呼ばれる巨大ナマズがいたりするものだが、セーヌ川と言えばいわゆるデートスポットの定番。夜などは、ライトアップされたパリの灯が川面に映り、何とも言えない絶妙なロケーションとなる。でもインターネットで調べてみると、セーヌ川はナマズの生息地だという情報も。あの巨大な物体が実はウヨウヨ泳いでいるかもしれないなんて、想像するだけでかなり不気味。でも、幸か不幸か、どんより水が澱んでいるからなーんにも見えないけれど…。

セーヌ川にも「ヌシ」がいた!
釣りキチよ、アレキサンダー3世橋へ急げ
Le Parisien

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス中部に位置する欧州最高峰(4810メートル)の山「モン・ブラン(白い山の意)」がこのほど赤色に染められそうになるという珍事件が発覚した。フランス公共ラジオによると、首謀者はチリ出身のデンマーク人芸術家マルコ・エヴァリステイ氏(43)。当初の計画では染料をぶちまける予定だったが、横槍が入ったため、染色した生地を広げて代用。同山中の標高3400メートルの地点まで下りてきたところを自然環境保護違反の容疑で御用となった。

エヴァリスティ氏は、地元デンマークで過激な作風で知られており、5年前に同国のトラフォルト美術館で行われた展示では、金魚を電気ミキサーの中に入れ展示し、来客者にミキサーを作動させるか否かの選択権を提示した、いわくつきの人物。

今回の「モン・ルージュ(赤い山の意)」計画は、エヴァリスティ氏の自然環境保護計画作品3部作のひとつで、最初の作品は2004年にグリーンランドの流氷を赤く染め、米国がトゥーレ基地近くに廃棄した核廃棄物に対して抗議したものだった。

今作品ではフランスが以前ポリネシア諸島沖で行った核実験に対する抗議作品で、「自然は誰の所有物なのか」という問いかけをフランスが誇るモン・ブランを赤く染色して訴えようとしたという。作品に使う染料およそ1200リットルを運ぶために、15人のクルーを結成しており、経費は5万ユーロかかったとか。

同氏は、自身の作品が環境保護に密接に関連しており、使われる染料なども植物性のものを使用しているので、「環境汚染には繋がらない」と主張して、今回の拘束に異議を唱えているが、地元のシャルレ市長は「植物性の染料が無害なのは一般的な土地環境の場合においてのみ、氷山や流氷の上では一旦しみこんでしまった染料は、長期にわたり残るので致命的な汚染となる。純粋さの象徴である山で恥ずべき行為だと」遺感をあらわにしている。

環境破壊を非難するはずの行為が破壊行為であるならば意味がない。逆説的ながらも、この事件を機に環境汚染に関して注目が集まり、人々のモラルも向上してくれれば良いのだが。モン・ブランならぬモン・ルージュ?
染色の代わりに赤く染色された
キャンバス生地で モン・ブラン山頂を
覆い尽くしたエヴァリスティ氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極と聞いて誰もが想像するのが、氷山や厚い氷の広がる光景。クリスマス時期に行われるロンドン、ハイド・パークでの寒中水泳に毎年参加している表皮の厚い男たちの中でも、この地球上でおそらく最も寒い極寒の地に水泳を楽しみに行こうと決断する人はそうそういないだろう。

ところが、上には上がいるのが世の常。世界中の冷海で泳ぐことに挑戦する英国人弁護士のルイス・ピュー氏(37)が7月15日、北極地点付近で1キロを約19分間で泳ぎ切ることに成功したのだ。ピュー氏は、この直前にもノルウェーのネーロイ・フィヨルドが世界遺産に登録されたことを記念し、当地で17キロを7時間28分かけて泳ぎ切ったばかり。

夏とはいえ、当日の水温はもちろん真冬並みのマイナス1.8度。この水温は北極海近辺の海水が氷となる温度に限りなく近く、北極グマですら泳ぐのを嫌がる低温だという。そしてこの日、ピュー氏が身につけていたのは、スイミング・キャップと「スピード」(注:競泳用の水着ブランド)の小ぶりな水着のみ。

パフォーマンスを終えた同氏は「水が真っ黒でブラック・ホールに飛び込むみたいだったね。海水の冷たさで全身がしびれ、身体中にやけどを負ったように感じたほどさ。低温水泳には慣れてるけど、今までで一番辛い水泳だったよ」と感想を語った。

一般の人は、こんなに冷たい水の中で泳ごうものなら、寒さで筋肉が委縮し、数分で溺れてしまう。しかし、水温マイナス1.8度だろうと、彼の身体は体温がぐいーと上がり寒中水泳が実現できるのだ。この現象は他の人には見られないとか。

ピュー氏は、この日のパフォーマンスの最後に「北極点で泳げるということは悲劇でもあることを忘れないで欲しい」と強調した。彼の泳いだ地点は、通常ならば夏でも氷が全体に張り、泳げるような場所ではない。水温が上昇して氷が溶けてしまうほど、地球温暖化が進んでいることを訴えたかったのだ。

こうした素晴らしい理念に基づき地球温暖化防止に協力するのは良しとしても、「北極グマ」の心臓を持たない一般人は決して真似をしないように。

北極グマも嫌がる寒中水泳を敢行
北極グマも顔負け!? ルイス・ピュー氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化の多様性、異文化に対する寛容性を謳っているだけあって、色々な国籍の人が暮らしている英国。しかし、文化的・宗教的バックグラウンドの異なる人々が一緒に生活するとなると、誤解や勘違いから様々な問題が生じがち。最近は英国の慣習に従わない移民も増えている。そんな事情からこの度、移民に向けた英国文化のパンフレットが発行されることになった。

と、ここまでは良いニュースのように聞こえるのだが、その内容が議論を呼んでいる。というのも、そのパンフレットには、「英国民は路上に唾を吐きません」だとか「英国民は、バス停や郵便局で列に割り込むことなく行儀良く並びます」だとか「英国民はむやみに喧嘩をふっかけません」などといった、「もしもし、移民を馬鹿にしていませんか?」と思わず尋ねたくなるような基本的なマナーが列挙されているからだ。読んでいると、無教養でマナーのなっていない移民像が浮き彫りになってくるのです。うーむ、最近の英国でのモラルの崩壊はすべて移民が原因であると濡れ衣を着せている気がするのですが、今朝、地下鉄内で食べたバナナの皮を丁寧に座席に置いていったのは、英国人レディーのようでしたし、地下鉄の扉が開いたとたん、空いてる座席めがけて突進したのも英国人ジェントルマンのようでした。また、むやみに喧嘩をふっかけたり、暴れたりすることで有名なのは、英国産のフーリガンなのでは?

それはさておき、移民統合政策への英国政府の取り組みはかなり真剣な模様。これまで多言語で発行されていた政府資料も英語に統一される見込みだし、ポイント制ビザが導入される頃には、ビザ取得に英語力も問われるようになるらしい。また今年4月からは、英国に関する知識を問う「Life in the UK」テストが永住権申請者に適用されるようになった。移民はますます英国社会への理解を求められるようになりそうだ。

「ロンドンでは、英語を話せなくても生活できる」と当たり前のように言われてきたことが、通用しなくなるのも時間の問題かも。その内日本人同士でも英語で話すようにというお達しが出たりして?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)